スポンサーリンク

重さに耐えられる本棚に使うおすすめの木材。

bookshelf_00b
本棚づくりで作るサイズを決めたら、使う材料について考えると思います。

お店にはいろんな種類の木材が売っていますけども、どれでもいいというわけにはいきません。
インテリアとしての飾り棚であればそれほど強度については気にしなくてもいいかもしれませんが、本棚はあまり甘く見ない方がいいです。

本はびっくりするくらい重いですから、ちゃんと丈夫なものを考えなくてはいけません。ちゃんと強度がないと、使っている途中で棚板がたわんできたり、棚が外れてきたりと危険ですし、せっかく作っても使い物にならないという悲しい事態がおこってしまいます。

そんな悲しい思いをしないためにも、せっかく時間とお金をかけて作るなら使う木材の厚さはちゃんと考えましょう。

スポンサーリンク

木材の厚さが大事な理由。

本棚の各部分の名前
側板は棚板よりも薄くてもなんとかなりますが、棚板は本の重さが思いっきりのしかかる部分になります。作る本棚の幅にもよりますが、最低でも12mm以上の厚さで考えます。

なぜ12mmなのか・・・というのは専門家ではないので強くは言えないんですけども、いくつか材料をそろえて作品を作ってみての経験からの感覚でお話しますと・・

接合時のイメージ図
ある程度の厚さがないと接合部分の面積が小さくなってしまい、十分な強度が保てないと思われます。接合面積が大きいほどしっかりとくっつけることができるので、強度もアップする、という考えがまずひとつ。

ビス止め時のイメージ図
もしビス止めする場合、ビスにある程度の太さと長さがないと強度に耐えられる接合ができないという点もあります。
板が薄い方は厚い方と比べると接合面積が狭く、さらにビスの食いつきが悪いですし、そこへ重さが加わった時に板が割れてしまう恐れもあるわけです。

板に厚さがあると、負荷がかかる面積が大きく力が分散されると考えられるので、つまりは厚みがある方が丈夫といえるのではないでしょうか。

棚づくりに初めてでも使いやすい木材。

板の厚さはだいたい決まったところで、実際手に入りやすい木材は何なのかというところが気になります。

できれば材木屋さんへ行って相談しながら木材を購入し、木取り図を持っていき、そのままカットもお願いするのが一番よいとは思うのですが、個人でそういった場所へ行っていいものか迷うものがあります。

そんな時は、とっつきやすいホームセンターで購入するか、ネットで注文するかのどちらかでしょうか。私もそんな感じで、購入先はほぼホームセンターです。
個人的にはネットで注文してカットもお願いできると最高なんですけども、送料とカットの加工代を節約したいと考えると自分でどうにかするしかないんですよね。
お金をかけてきれいに仕上げるか、時間をかけて自分でなんとかするか・・・悩みますね。

購入した材料を運び込むのがちょっと手間がかかりますけども、お店によっては配達サービスや貸し出しトラックがあったりするので、そういうのをうまく使うのも手ですよ。

というわけで、とりあえず本棚を作るにあたって、わりとどこでも手に入りやすく使いやすい木材を抜粋してみました。

●合板(シナランバー)

bookshelf_09
シナランバーコアは表面がきれいで塗装もしやすいのでおすすめです。実物の写真が手元になくて申し訳ないのですが、イメージ図のようにファルカタ集成材にシナノキを挟んで作られたものです。薄くても反りにくく強度もあって加工もしやすいと言われています。

厚さはいろいろそろっていますが、持ち上げて移動できるくらいの大きさの本棚を作るなら15mm厚くらいでよいかと思います。(腕があれば9mmとかでも作れると思いますが、作り慣れなうちは厚めな方がよいかと。)

これを加工するなら3×6尺(サブロク、910×1820mm)のかなり大きな1枚板からできるだけ無駄のない木取りをして好きなサイズを作り出すことができるのですが、なんせ大きな材料なために何の道具も持ち合わせていない状態では扱いが一筋縄ではいきません。

正確に自分でカットするのにのこぎりでのカットは難易度高いので、やはり丸ノコなどの電動工具が必要なのではと思います。
しかも騒音を出しても気にならない作業場があるならいいですけども、アパートやマンションでの作業は厳しいものがあります。

なので合板から作る場合は、購入するお店でカットをお願いするか、材木屋さんで超正確なカットをしてもらうかが現実的ではあります。正確なカットをしてもらうにはもちろん手数料がかかりますが、自由なサイズで作ることができますし、組み立て時は圧倒的にラクというメリットがあります。出来上がりの好みもありますけども、環境さえ整えばシナランバーで作るのが一番間違いないように思います。

●ワンバイ材

ワンバイフォー材とツーバイフォー材
ツーバイ材の仲間で、厚さ19mmと規格が決まっている木材です。スギやマツなどの板材の他にレッドシダー、ホワイトウッドなどの輸入木材があり、SPF材がホームセンターなどで安く手に入る木材のひとつでしょうか。SPFはSpruce(トウヒ)、Pine(マツ)、Fir(モミ)の頭文字をとったもので、よく似た材質なのでSPF材として売られているようです。

白く木目がきれいで加工がしやすいけれど、乾燥が不十分なまま売られているため反りが多いのが難点。なので良く選んで購入しないと組立時にだいぶ苦労します。また、腐りやすい材質なので屋外で使うには屋外用の塗料を使う必要があります。

SPF材は最初は白くてきれいなんですけども、白木のままで使っていると色がだんだん濃くなっていきます。黄色くなったり、赤っぽくなったり。日焼けもあるかと思いますが、スギやマツみたいに色味が変わっていくんですね。よくいえば飴色っていうんでしょうか。お値段的にも手軽に使える木材ですけども、やはり大事に使うものなら塗装はした方がよいです。

とにかく圧倒的に価格が安いので多少失敗しても痛手が少なく、初めての材料にうってつけです。
例えば1×6(厚さ19mm×幅140mm)か、1×8(厚さ19mm×幅184mm)あたりは漫画本や文庫本を入れる本棚を作るにはちょうどよさげですね。

1×4材はリーズナブルにそろえられる木材です。どこでも置いてますし。1×4材を繫いで幅広の板材を自分で作り、それを組み立てていく・・・という方法もあります。いい木材を選ばないと組立時に狂いが出て大変なんですけど、かなり安上がりに本棚を作ることができます。

●パイン集成材

ラジアタパイン集成材
幅15mm~30mmくらいの針葉樹の板を木目を平行にして接着剤ではぎ合わせて作られたものが集成材です。よく乾燥した木材で作られているので反りやねじれが少なく加工時に狂いができにくいのでとても使いやすい木材です。パイン(マツ)は、使い込むほどにアメ色に変わっていくのでその特徴を活かして味のある家具を作ることもできます。

ホームセンターでは、厚さ18mmで各サイズにカットされたものが売られているので、サイズさえ合えば、自分でカットせずともそのまま組み立て作業に入ることもできたりします。丈夫で狂いのない本棚づくりを望むなら一番手っ取り早い材料は、このパイン集成材なんじゃないでしょうか。

また、棚板をはめ込む溝が掘られているパイン集成材の支柱もあります。これを使うとあっという間に棚づくりが完成してしまうので、こういうものを活用するのも一つの手かと思います。でもそれだと支柱を使うと本棚というより、普通に「棚」を作るとき向けですかね。オープンラックというか。

掛け合わせで考えるのもあり。

すべて同じ木材で作らずとも、別々の木材を組み合わせて作るのもアリかと思います。

また、ホームセンターには「ファルカタ」という軽くてやわらかい板材もよく見かけますが、本のように重量のあるものを乗せて使う場合は軽くて柔らかい素材の木材はあまりおすすめしません。

あとは強度、デザイン、使い勝手、予算などなど・・・どこまでこだわるのかっていうことになるんですけども、自身の技量や持ってる道具もふまえつつ、バランスを見て材料を決めてください。

私は材料代は抑え気味でいこうと考えた場合、ワンバイ材とパイン集成材の掛け合わせで本棚を作ろうと考えます。後々もう一個増やすかもしれないと思うと、手に入りやすくて自分で加工しやすい材料なので。。

それから、材料の購入を決める前にはできることならぜひとも一度、実物の木材をお店に見に行ってください。
お店によって木材の価格が違うことを知るのはもちろんですが、実物を見ると多分自分が思ってる以上にイメージがつかみやすくなると思いますよ。

こんなサイズがあるのかー、とか、木の質感も新しい発見にもつながりますしね。

スポンサーリンク