デスク周りで使うものDIY大集合。

棚をつくる

収集がつかなくなる前にここで「デスク周りで使っている、作った物・DIYしたもの」を一回まとめました。

PC周りで使うために、引き出しや木箱、小物類を入れるものなど使えるものを手作りしてるんですけども、どれも材料からそろえて作れるように設計図も書いていたりと丁寧なことをやっております。

何かちょこっとDIYしたいなあ、なんて時の参考になれば。

スポンサーリンク

デスクの横にラック

机を広く使うためにPC収納も兼ね備えたラックを作りました。
基本的な木製ラックの作り方。木材の準備から塗装までの過程を詳しく書いています。

PC本体を収納しつつ、デスクと同じ高さにしてデスクを広く使えるようにしました。

壁面収納を活用中

デスク脇にディアウォールの壁面収納。
パソコン周りの小物収納に壁面収納を利用。棚板の設置のやり方など詳しく書いています。

ディアウォールを使っています。棚の位置などは何度も作り変えて現在に至ってます。
状況に応じて操作できるのが自分で作る強みですね。

机そのもののイメチェン

一人でもリメイクシートをうまく貼るためのポイント。
大きなリメイクシートを机に貼る時の流れ。ヨレずに貼る方法も。

既製品のデスクが色あせてきたけどまだ使えるし、捨てるのももったいないし。そんなわけで、てっとり早く天板にインテリアシートを貼って気分を変えてみました。

すぐできる机上台の作り方。
リーズナブルに作れるオリジナルの机上台の作り方。材料やサイズについても。

今まで使っていた机上台の奥行きがいまいち合っていなかったので、手作りすることにしました。
納得の行くサイズで満足してます。
更に、この机上台の下には引き出しを作っています。

机上台の下にピッタリ収まる引き出しの作り方。
オリジナルサイズの机上台に合わせて引き出しを作った話。使った材料や寸法なども詳しく説明。

小物入れ

マスキングテープの収納場所です。

自作の木箱をアンティークっぽい塗装で仕上げてみました。
100均の板から木箱を作り塗装をするまでの流れです。しぶいアンティークぽくするためのコツも書いてます。

中に入ってる100均で買った「マスキングテープBOX」のフタを加工して見た目だけ変える方法もやってみました。

100均で買ったマスキングテープBOXのフタを木の風合いにしてしまうやり方。
100均のプラ製マスキングテープボックスの見た目を変えるやり方。

早く色塗れよって感じですけども。

フタつきの木箱の作り方と白抜きの塗装のやり方。
簡単にフタをつけた木箱の作り方と白抜きの塗装のやり方。

A7くらいの小さなメモ帳をまとめておくための箱を作りました。フタをつけとくとホコリがかぶらないです。掃除もラクです。

ちょっとした引き出しケース

既製品の箱を使っ引き出しづくり

卓上小物を入れる引き出しは、よくあるレターケースでは場所を取りすぎるので自作を試してみることにしました。

セリアのブリキ缶を使ってシブめの小物入れ引き出しを作りました。
既成品のBOXを使って作る引き出しの作り方。使っている材料についても詳しく解説。

文房具や名刺などの小物類をちょこっと収納できるように。

セリアの木箱を使って作るスリムな引き出し。
セリアで買った既製品の木箱を使用した奥行きの浅い2段タイプの引き出しの作り方。使える材料や板材の切り出し方なども。

これもセリアで買った既製品の木箱を引き出しに仕立てた話。

100均の小さなブリキ缶を引き出しのように使うための棚づくり。
セリアの小さなブリキ缶を使った収納ラックの作り方。小物入れにどうぞ。

小さくてまとめにくいものの収納に。

気が変わったら簡単にイメチェンができる「引き出し型収納BOX」の作り方。
卓上で使える木製引き出しボックスの作り方の流れ。部屋の模様替えに合わせてデザインを変更できるように作っています。

好きなサイズで作る引き出しBOX。

郵便物の保管場所確保

レタースタンド

手紙やハガキをとりあえず立てておくための「木製レタースタンド」の作り方。
長形3号サイズの封筒とハガキがきれいに収まるレタースタンドの作り方。

封書をとりあえず立てておくものです。

よく使う筆記具の場所を固定

ペントレー

セリアのトレイに色を塗って使うペントレー
100均で購入した木製トレイにアンティークっぽく色を付ける話。

ちょうどいい入れ物を見つけたのでそれに色を塗っただけなんですけども。

このまとめページについて。

よく、「前作ったこれはどうやってやったっけな?」と見返すことが多いので、ちゃんと書いておくようになりました。使い勝手がよければ追加で作ったりするので。

完全自分仕様の使いやすい場所が出来上がっていくのはワクワクしますね。
中には失敗だったなっていうのもありますけど、まあ、それも次に繋がる糧になりますので・・。痛いのは出費だけ。

ちなみに作ったけどまだ記事にしていなかったり、これから作りたいモノもなんだかんだあるので、このまとめページは随時更新予定となっています。
いつの間にか記事が追加されていたり、修正されていたりしますけどもご容赦ください。

コメント