玩具や食器にも使える塗料まとめ。

塗装をする

主に食品衛生法適合商品の塗料を中心にまとめてみました。
キッチン周りで使うものには、安全性の高い塗料を使いたいなあと思って調べているところです。

まだまだ私の知らない塗料はたくさんあるので、これが全てではないかもしれません。それに今後新しい物が追加されていくことも考えられます。

よさげな塗料を見つけたら付け足していきます。

とりあえず思いつく限りということで。

スポンサーリンク

ワックス

ワックスはウエスにつけて木に刷り込むだけで、簡単に木を保護できます。
ただし、自然由来の成分とはいえ独自の臭いはあります。数日たつと消えますけども。

また、すり込むときに使ったウエスはそのまま放置していると発火するおそれがあるので、水につけてからゴミに出すといった配慮が必要です。

1度塗って終わりというわけではなく、定期的に塗りなおす必要があります。

 

オスモカラー ウッドワックス

トレイやお皿などの食べ物が直接ついても安心の代表格。
耐久力も撥水効果もあって伸びが良く使い勝手いいです。

ちょっと高いけど、安心と長持ちさを思えば・・ね。

▼公式サイト

▼オスモカラーについてわかりやすい記事があったので参考までにはらせていただきます

オスモカラー・ノーマルクリアーとエキストラクリアーの違いをレビュー

 

蜜蝋ワックス

蜜蝋ワックスもいろいろあって、食器にも使えるタイプがあります。
ただ、はっきりと「食品衛生法適合商品」という表記があるわけではないので、食器に直接使うのは私は控えてます。
木製の食器のお手入れは、オリーブオイルを塗っておくのが無難かなあ。


尾山製材さんの方は私も使ってます。
ワックスは定期的なお手入れが必要なので、私は大きなものには使わないんですけども、ちょっと保護しておきたい物とかに重宝してます。

私の使っている蜜蝋ワックスは、塗っていると部屋に木の香りというかエゴマのような香りが漂います。科学的な嫌な臭いではないんですけどね。
数日経って完全に乾くと臭いは消えますけども。


使っているのは木製のトレイのお手入れとか、木のフタとかの小物類のみ。蜜蝋ワックスをすりこんでカッサカサになるのを防ぐようにしてます。

とりあえず塗るだけで、撥水効果も出るし自然なツヤと色味が復活するのでテレビ見ながらお手入れできるというか、塗料缶とハケを引っ張り出してくるより楽ではありますね。

 

着色(水性塗料)

ニッペWOODLOVEシリーズ 水性オイルステイン

ニッペのWOODLOVEシリーズは私も好きなので、好んで使っていますが食べ物に触れても大丈夫なステインもあったとは興味深いです。店頭で見つければ即買いしたいけど、やっぱりネットでお取り寄せかなあ。

▼使ってみると撥水効果もあるという話も。
ついに出た!ニッペから食器に使えるステイン登場・水性でイヤな臭いも無い : LIVE LOVE LAUGH – maca home –

▼公式サイト

うーむ、いいなあ。水性だから臭いも気にならないだろうし扱いやすいし。やっぱり水性が好きなので、これはいつか使ってみたい。

 

カインズ kumimokuステインカラーズ

▼公式サイト

オイルフィニッシュのような仕上がりの水性オイルステイン。
こっちにカインズないのでネットで取り寄せるしかないというのもあって、使ったことがないです。でも注目してます。

カインズはオリジナルの塗料がたくさんあるので、すごく気になりますね。いつか使ってみたい。

 

アトムハウスペイント 水性自然カラー

▼公式サイト

天然油脂のステイン。
着色剤は定番の茶色系が多い中で、パステルなかわいらしいカラーもそろっているところがすばらしいです。

しかしステインだけだと色落ちの心配があるので、これだけで使用するというより食器OKな水性ウレタンニスかワックスで上塗りはした方がいいんじゃないかなあと思います。

 

ニス(水性塗料)

ニスの中でも高くても私は水性ウレタンニスが好きです。お手入れがラクっていうのもありますけども。
透明やつや消し、色付きなど選ぶことができます。
硬い塗膜ができるので、水拭きをするような場所にはオススメです。

しかし色付きも同時にできる着色タイプの水性ウレタンニスは、塗り方にコツがいります。ムラができやすくちょっと難しいんですよ。慣れるまでは、先にステインを塗ってから透明タイプを塗るのがよいです。

 

和信ペイント 水性ウレタンニス

▼公式サイト

透明クリヤー、ツヤ消しクリヤーどちらもあります。
ワシンの塗料はなぜかどのホームセンターにもあるんですよね。なので、私は一番手に取りやすい水性ウレタンニスなんですけども、すごく伸びが良くて塗りやすいニスです。

塗料カップ付きなのも嬉しいところ。

 

カンペハピオ 水性ウレタン着色ニス

▼公式サイト

着色ニスって名前ですけど、透明タイプがあります。「とうめい」は分かるんですけど、多分「3分つやとうめい」が一般的なつや消しな方なんじゃないかなと。

 

ニス(油性塗料)

水性塗料じゃなく油性タイプの食品衛生法適合商品もあります。
油性は耐久力があるので、水回りにもいいですし、長く使えてメンテナンスの手間もかけたくない場合もよさげ。
作業時の臭いが気にならなければ、一番丈夫で長持ちな塗装方法です。

アトムハウスペイント 自然塗料 カラーニス

▼公式サイト

植物原料からできた安全性の高い木部着色ニス。

薄めたりハケを洗う時は、自然塗料専用うすめ液を使う必要があります。

 

アトムハウスペイント 木の保護コート

▼公式サイト

植物原料からできた安全性の高い木部保護用ニス。着色はできません。クリアーのみ。
こちらも薄めたりハケを洗う時は、自然塗料専用うすめ液を使う必要があります。

コメント