スポンサーリンク

杉材

スポンサーリンク

杉材について


杉はそこらじゅうの山々に生えていて、春先の花粉に悩まされるというあの針葉樹のひとつです。
花粉はたまらないけど、杉の香りはすがすがしさを感じるいい香りですよね。比較的安価でよく普及している木材です。

産地によっては高級な材料とされているものもあります。板張りの壁とか、柱とか、馴染みの深い木材です。家具などをはじめ、建築、土木材などいろんな使い方をされています。桶や樽、食器などにも使われていますね。

ちなみに秋田の郷土料理「きりたんぽ」は専用の杉の棒に半殺しにしたごはんをくっつけて焼いています。杉じゃないといい仕上がりにならないのですよ。

無垢材(原木から切り出し、カンナ掛けされた製材。年輪や材質が活きる。)の場合、乾燥具合によって反ったり縮んだりします。くるいが少ないのは集成材(無垢の角材や板材を木目を平行にして貼り合わせた木材。)の方です。

木目が濃く節もハッキリしています。切り出される場所によって、木目の雰囲気は変わってくるのでお店で見て材料を選ぶ方がいいですね。

サイズはさまざま用意されていますが、お店によって置かれているサイズの品ぞろえは違います。

跡えば板類の厚さは、7、12、15、18、25、30mmあたりがホームセンターで見かける厚さです。長さは、600、910、1820mm・・・このあたりが多いでしょうか。幅サイズは、30、45、60、90、100、200、250、300mm・・・・など、決まったサイズで用意されています。

杉荒材について


厚さ12、15、24mmくらいで束になって安く売られている杉の板材があります。
ブレーナー加工(カンナ掛け)がされていないので、表面は粗くトゲが目立つ状態のものです。そのままで使うなら床材の下地や、屋根の下地に垂木の上に張ったりなど見えない場所で使うことが多いです。

表面がサラッときれいな板材と比べると分かると思いますが、荒材の価格はかなり良心的です。切りっぱなしで加工されていない分だけ安いというか。

どうしても見える場所で使う時は、自分で入念にカンナやヤスリをかけて表面を適度に整えてからカットや組立を行うことになります。しかし荒材は特に節も多いので、結構大変ではあります。カンナやサンダーは電動があれば楽ですね・・。私は手作業ですけども。


しかも乾燥も不十分なものが多い(多分未乾燥の状態)ので、買ってきてすぐに組み立てると、しばらくしてから縮んで隙間ができたりします。
買ってきたらすぐに使わないで、しばらく部屋の隅にでも置いて乾燥させてから加工を始めるとかなり使いやすくなります。

安く買ってきても手間がかかるのが荒材です。でも、そういうのが味になったりもしますからね。使ったらダメっていうことはないですよ。

特徴

杉は節が多い木材です。木質は柔らかめなのでDIY初心者でも加工がしやすいです。
芯の部分は赤みを帯びていますが、耐久性に優れていて腐りにくいとされています。船の材料にも重宝されていたらしいですよ。

腐りにくく、断熱性があるのですが、湿気をよく吸い込むので通気性の悪い場所で使うのは避けた方がよいと思います。

▼特徴

  • 木目しっかり。
  • 防腐性・耐久性あり。
  • 丁寧にカンナややすりをかけると滑らかな表面。
  • 柔らかく、加工しやすい。

加工方法

一般的な木工加工で大丈夫です。

カット

のこぎり、丸のこ、ジグソーなどで木材の厚みや大きさに合わせた道具で切断していきます。

穴あけ

錐やハンドドリルが使えます。電動ドリルも木工用のビットで使えます。
柔らかい木ですが、木口や縁に近いところにビスどめする時は下穴を付けた方が割れにくいです。何でもそうなんですけども。

接着・接合

ビス、釘、ボンドなど一般的な木工加工が行えます。

書く・塗る

木芯側の赤みがかった部分よりも外側の白い部分が吸水性がよく、ステインを使うと色が濃い目に出ます。
薄めて塗り重ねていく方が失敗しにくいと思います。

【おまけ】ためになる参考リンク

調べていてとても参考になった内容があったページをリンクしておきます。

↓自サイトですけども・・・

薄い板でも底が抜けにくく、強度のある木箱の作り方を詳しく書いています。

他の材料についても自分が使った感想をふまえて紹介しています。DIYを始める前に参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク