【のこぎり】ライフソー9寸目265

使いどころ 利便性 お値段 使用頻度
切断(切る) ★★ だいたい
2000~1500円
くらい
状況によりけり

ぴらめこ

道具は必ずそろえなくてはいけないということはありません。自分の技量や作りたいものに合わせて選ぶとよいですよ。

 

スポンサーリンク

ライフソー9寸目265について


プラ製の簡単なものですが、ケースもついてきます。

ライフソー9寸目265ライフソー175よりも刃渡りが長く、ピッチは広め。縦、横、ななめ、どの角度でも切ることができます。でも縦で切るのは木材によってはちょっと大変ですけども。

切り口はノコギリで切ったなあとわかるくらいザラザラした表面になります。

ですが、厚みのある木材をカットするならこっちのライフソー265の方がカットのスピードは断然早いです。


とにかくガツガツカットしていきたい時は、こっちのノコギリの方がおすすめ。
SPF材でも1×4や2×4あたりをよく使うなら、これくらいのサイズが万能に使えます。たくさん木材をカットするなら電ノコが欲しくなりますが、手ノコは気軽に扱えるところがいいですね。

汗はかくけど、運動不足な自分にはそれもまたアリだなと思って使ってます。二の腕に効きます。(利き腕だけ)

反対に薄めのベニヤ板などは、目が細かい方が切り口がキレイではあります。柔らかい木材やラワンなどのササクレができやすい木材なんかも、目が細かいノコギリのほうが使いやすいかなあ。


グリップはフィット感がある形状。すべりにくいのもいい感じ。とても握りやすく力を入れやすいです。
・・といっても、のこぎりはあまり力まないほうがうまく切れるんですけども、とくに引く時に滑らないっていうのがいいなと思ってます。

サイズ

■刃渡り:265mm ■ピッチ:1.75mm
■板厚:0.60mm ■切り幅:0.92mm

メーカーサイト
のこぎり ライフソー9寸目265

ガイドをつけても使えます

また、ライフソー265はノコギリガイドの「ソーガイド」にも使えます。

メーカーサイト
まっすぐ切れるソーガイド | 岡田金属工業所

替刃の交換方法

替刃式なので、切れにくくなったら自分で刃を交換しましょう。やり方は迷いようがないくらい簡単です。


コインかマイナスドライバーで刃の付け根にあるネジを回して緩めると簡単に刃を外せますよ。


刃を取り替えるのは、カッターナイフの刃を折るよりも簡単な気がします・・。刃を付け替えたらネジはしっかりと締めておくことを忘れずに。

替刃自体はリーズナブルなのも嬉しいです。
切れないノコギリで苦労するよりも、新しい刃でどんどんカット出来る方が楽しいですよ。

使用例

▼ここで使いました

普段はベンチとしても使える作業台の作り方。
ベンチ兼作業台をツーバイ材で作った話。材料の取り方から組み立て方法まで丁寧に解説。
机を広く使うためにPC収納も兼ね備えたラックを作りました。
基本的な木製ラックの作り方。木材の準備から塗装までの過程を詳しく書いています。
すぐできる机上台の作り方。
リーズナブルに作れるオリジナルの机上台の作り方。材料やサイズについても。
幅60㎝本棚を作った時の作業の流れ、まとめました。
幅60×高さ100×奥行27㎝の本棚づくりの一連の作業をまとめました。 木取図や設計図などもフリーで公開していますので、よければ参考までに持って行ってください。 作った本棚とかかった費用 この空間に、 こんな感じで本棚を...

他にも【のこぎり】を見てみる