スポンサーリンク

ほぼ100均の木材でも作れる軽くてちょっぴりオシャレな木箱。


100円ショップで売っている「すのこ」を利用して通気性のよさげな木箱を作りました。
現在化粧品とかを入れて使っていますけども、おそらく2㎏くらいの耐荷重があると思われる箱です。

スポンサーリンク

インサートBOXとして作りました。

以前、本棚に連結させて作った箱型の棚があるんですけども、

余ったワンバイ材を活用して、連結(ジョイント)できる小さな収納棚を更に作りました。ちょうど先に作った本棚と繋げて使えるサイズに設計してみまし...

この棚の中にぴったり収まるボックスを桐素材で作りました。


まだ塗装はしていない状態なんですけども、せっかくなのでちょっとした記録として残しておきます。


出来上がりサイズは、〈高さ〉15×〈幅〉27.2×〈奥行〉20㎝

ほぼ100均で買えるの板をメインに使っています。あとはすのこをバラして使っています。ほぼ100均で・・とかタイトルで言っていますけども、実はホームセンターで仕入れたファルカタ集成材も使ってできています。

一応サイズ的に全部100均から木材は調達できるんですよ。でも100均の木材はとにかく歪みがないものを選んでください。いい木材が100均で見つからない場合は、若干材料代が高くなったとしてもホームセンターで木材を買う方をおすすめします。曲がった木材で組立するのは失敗のもとなので。

それと桐は軽くてとても柔らかい木材です。ビスだけで接合をすると、使っているうちに穴が広がってスポッと抜けてしまったりします。なので木工用ボンドで圧着するのが結構大事になります。

桐は柔らかいので加工しやすいです。出来上がったものは軽くてインサートBOXとしてもぴったりな使い心地ですよ。

材料。

ではまず、今回使った材料の紹介から。
桐の木箱で使った材料は以下の通りです。

・40×25㎝のすのこ・・・2枚
(下駄を外し、26㎝にカットした板材を使用)

・1.5㎝角の角材・・・2本
(セリアにある約45×1.5×1.5㎝で3本セットになった角材をカット)

・45×20×0.9㎝の板材
(ダイソーの板材をカット)

・15×0.6×91㎝のファルカタ集成材
(ホームセンターで調達した板材をカット)

すのこはバラして下駄をはずし、板材は全てカットします。

その他使ったビスなどは以下の通り。


仮止め釘。

板が薄く柔らかいので、ほとんどボンドで圧着しています。その際に、乾くのを待って作業するのも面倒なので、仮釘を使って固定しながら作業しました。


さら木ねじ(2.7×20)

底板をとめる際にちょっと長めのビス。


スリムねじ(3.5×16)

サイドの板をとめる際に。


小鋲(20×16)

底板を補強するために・・・

ビスのサイズはいつも迷うんですけども、基本的に打ち付ける板厚の2倍くらいの長さで考えて決めます。突き出なければいいんですけど、長さが足りないとつながらないですからね。そこは気を付けてビスや釘を選ぶことになります。

組立のイメージ。

組立てるイメージとして、展開図みたいに作ってみました。各材料のサイズは図の通りです。


底板を中心に前後両端の板を立てて起こす・・・といった感じなんですけども、くみ取ることができるでしょうか。
すのこに角材を取り付けるのですが、その際底板の厚さ分だけ空間をあけるところがポイントです。


接合するとこんな感じに。前と横は実際は板で隠れて内側は見えなくなりますが、透けて見えるイメージはこんなです。
底板は内側にすっぽりとはめ込むので、完成後に側面や前後から見ると底板は見えなくなります。

組立ての流れ。

作業の流れを解説していきます。


まずは、前後の板を作ってしまいます。
15㎝の高さに合わせてバラしてカットしたすのこ板をバランスよく並べていき、角材を両端にくっつけます。すのこに下駄を取り付ける感覚ですね。下にメモリ付きのカッターマットを敷いて並べると曲がりにくいです。


ボンドを塗ってくっつけるんですが、乾く前に仮釘を打ち付けていき、ズレないようにすると作業が楽ちん。


すのこ板が用意出来たら、両サイドの板もボンドと仮釘で固定してしまいます。


底側の方の角材をずらしてつけていることをしっかりと確認しましょう。


壁が出来上がったら、底が上になるようにひっくりかえします。4角が引っ込んでいる状態になっているはず。ここへ、


底板をカポッとはめ込んで4角をビスで留めます。あ、ボンドをつけるのも忘れずに。


はめ込んだ底板は角材がある位置にあわせてビスをとめます。板割れ防止に下穴をあけてからビスをつけましょう。


両サイドも板を角材に合わせてビスを打ち付けておきます。


ボンドが乾いたら、仮釘はニッパーやラジオペンチで引っこ抜いて大丈夫です。抜くのが大変な場合は私は強引にニッパーで上の緑の部分をカットしたりもするんですけど、まあまあ力がいるので、おすすめはしません。

仮釘を使うと小さな穴があくんですけども、クランプで抑えて乾くの待っているよりも正確に早く組立ができます。穴が気になる場合はパテで埋めるなどするとよいかと。


はい、これで形は完成です。やってみるとあっという間ですよ。

ちょっぴり補強して完成。

置きっぱなしで使うならまだしも、物を入れて持ち上げて使うならちょっと心もとない作りなので、ここでもうひと手間。更に補強すると安心です。


普通の釘だと太くて板が割れてしまうおそれがあるため、小鋲という小さなタイプの釘を使って、


側面から底板に向かって打ち付けておきます。


同様に前後にも小鋲を打ち込んでおくと心持ち安心。これで、少しは底が抜けにくくなっていると思います。


そしてこれが裏返した底側。


上から中をのぞき込んだところ。

ちなみに、すのこのスキマに通して持ち手として機能させているロープは、もともと紙袋についていたやつを再利用してます。

今回のを教訓にまた作ろうと思います。

作りながら思ったんですけども、底板はもっと厚みがあった方が安心ですね。角材ももうちょい太めなのをチョイスした方が丈夫なやつが作れそう。
今回は底が抜けないように最後に釘を打ち付けたんですけども、なんとなく見た目が気になるので、追々もっと丈夫でスタイリッシュな木箱を考えてみたいと思いました。

まあ、丈夫に越したことはないんですけど、「何を入れて使うか、どうやって使うか」そのあたりによりけりですよね。

今回の木箱の作り方としてはそんなに難易度高くないです。設計図や使う木材のサイズをまとめたPDFで用意していますので、よければ参考までにご自由にお持ちください。
好きなようにサイズを決めて、自分仕様のインサートBOXを作れると満足度高いですよ。


→PDFで作り方をみる

スポンサーリンク