【定規】ツーバイフォー定規

使いどころ 利便性 お値段 使用頻度
計測 ★★★ だいたい
500円
くらい
毎回使う
ぴらめこ

ツーバイ材をよく使うならほんとに便利。

 

スポンサーリンク

ツーバイフォー定規について


「ツーバイフォー定規」は1×4材や2×4材に特化した定規です。
ですけど、上手く使えばツーバイ材に限らずとも使い所は結構あります。

特にのこぎりの切断線の線引や釘やビスの穴を印付けするときに、その便利さを発揮します。
個人的にガチでおすすめな定規です。

メーカーサイト

ツーバイフォー定規|株式会社清水製作所

ツーバイフォー定規の使い方

通常、定規や巻き尺などで長さを図りながら必要な部分に印をつけていきますけども、ツーバイ材に関しては、ツーバイフォー定規を使うと毎度長さを図らずとも、直感的に印をつけていけます


いろんな線がついていて、穴もたくさん空いているので何が何だか難しく見えますけども、使い方はとてもシンプルです。

直線を引く

まずは必要な長さでカットしたいときの使い方。


最初だけ必要な長さを巻き尺などで図り、1箇所か2箇所に印をつけておきます。
線を引く時は、側面にツーバイフォー定規を添わせながら印に合わせて線をひいていきます。

ビスや釘を真ん中に打ちたい時

接合するときにも、どのへんに打ち込めば良いのかすぐにわかりますよ。

ワンバイ材(厚さ19mm)に合わせてみても、真ん中にすぐさま印がつけられます。


ツーバイ材(厚さ38mm)でも同様に真ん中をとれます。

ワンバイ材やツーバイ材の厚みの真ん中を取れると何が便利かって、材料を重ねた後でも図りやすいところなんですよ。


こんな具合に上から板をつなぎたい時に便利です。

机を広く使うためにPC収納も兼ね備えたラックを作りました。
基本的な木製ラックの作り方。木材の準備から塗装までの過程を詳しく書いています。

接合場所を決める時

棚板をつける時の目印をつける作業時も何気に便利。


わざわざ重い木材をあわせずとも、ツーバイフォー定規を使えば垂直を取りやすく、一発で直線がひけます。

45度の線を引く

キレイに45度でカットしたいときもすばやく線が引けます。


45度のライン上にある穴で印をつけてから、点を結べばOK。

 

他にも便利

私はツーバイフォー定規を買って本当に良かったなあって思ってます。
どんどん思い通りのラインがひいていけるので、作業スピードが格段に上がりました。


他にも、均等な分割線を入れられるようになっているので、組手でつなぐ加工も便利かと思います。
私は道具がないので、そこまで使うことはないんですけども。


歪みが出ないように垂直を図りたい時も、そばに置いておくとサッと使えていいですよ。

注意点として、透明なので置いた場所が分かりづらいです。
床に置いてうっかりふんづけたりしないように気をつけましょう。