ドリルドライバーについて

使いどころ利便性お値段使用頻度
穴あけ
ネジ締め
★★★ だいたい
2500~30000円
くらい
毎回使う
ぴらめこ

ネジ締めはもちろん、穴あけにも。

※そもそもこのページを読んでいる方は初心者な方がほとんどかと思うので、初めてでも扱いやすい(であろう)機種に絞ってamazonと楽天のリンクを貼っています。

スポンサーリンク

ドリルドライバーとは

電動で動くドライバーです。
よくインパクトドライバーと比較されますけども、少々用途が違います。んー、いや、用途っていうか、向き不向きがあるというか。

ドリルドライバーは「回転のみ」の力でネジを締め上げていきますが、インパクトドライバーは「回転+打撃」の力でネジを打ち込んでいきます。

音もインパクトドライバーよりもドリルドライバーの方が低いです。
インパクトはキュインキュイッ・・ガガガ・・ッ!と、いかにも施工してる感のある音が響きますけども、ドリルドライバーはキュイーン、ガッ!で終わります。

ちょっとわかりにくいか・・。

ネジ締めの力調整ができる


ドリルドライバーの方は回転力を好きなように調整できる、「トルク調整」がついています。(簡易的なものにはついてませんが。)

そうすると何が良いかって、ちょうどいい具合に自分でネジの締付け具合を加減できるのです。

手回しのドライバーでやれば、よほどの怪力でも無い限りはそこそこ締め上げれば固くなるのがわかるのでいいところで普通はやめますけど、ドリルドライバーを使うと簡単にネジを入れていけるようになるので、ついつい締め付けすぎてしまうことがあります。

特に柔らかい木材(ファルカタとか)はそういうことがおきやすいです。合板の組立家具でも同じですけども、そういう時にドリルドライバーを使う時はトルク調整をすればいい具合のところでちゃんと締め上げをストップできるんですね。

しかしインパクトドライバーは、力はあるけど細かい設定はできません。
できないというか、一気に締めずにちょっとずつ回してやるとか、自分の感覚で調整すればいいんですが・・。ちょっと引き金を引きすぎるとすごい勢いでビスが食い込むので、インパクトは慣れないとびっくりするかも。

ネジ締めできるけど穴あけも得意


ドリルドライバーは、先端のビットを交換することで穴あけやネジ締めが行えます。

インパクトドライバーもビットが合えば穴あけもできるんですが、打撃の力も働くので、思い通りに使いこなせない事もでてきます。
できなくはないけど、ビットを破壊することがあるんですよね。特に2~3mmの細いヤツとかは、危険です・・。(個人の感覚ですが)

インパクトもドリルドライバーも使ってますけども、穴あけに必要なのは回転して掘り下げる力で、打撃の力は余計なんだなってしみじみ感じたというか・・。
なんか時間かかるんですよ、インパクトで穴あけは。

穴あけするなら、ドリルドライバーがオススメです。

あんまり負荷のかからないネジ締めとネジ外しに

ドリルドライバーは、ひたすらネジを締める必要がある家具の組立には大活躍します。

組立家具は事前に下穴が開けられているものがほとんどなので、そういったものを組み上げるだけならドリルドライバーがあると便利です。

自分で木材を用意して手作りするDIYで扱うなら、あんまり固くない木材に向いてるでしょうか。穴あけはともかく、ビスを打ち込む時は結構違いがあります。

ホームセンターでよく見かけるSPF材や杉、パイン材なんかは比較的柔らかい木質なので、加工がしやすい部類となってます。

固い木材というのは、広葉樹(サクラやケヤキ、ナラ、栗などの秋に紅葉して冬には葉っぱが落ちるような木)ですね。
そのドリルドライバーの持つパワーや使うビットにもよると思いますけど、長いビスを扱いたい時はドライバードリルではちょっと厳しくなるかなあ。

選び方

どんな状況で使いたいかで、選ぶ道具は変わってきます。

有線か無線か

充電式の方が線が邪魔にならないので便利かと思います。コンセントの場所も気にしなくていいですし。

充電式は常に充電しておく必要があります。使いたい時にバッテリーが切れてたとか、気力が萎えるので・・。常に充電しておけるスペースが作れるといいんですけども。
充電タイプを使うなら最低でも2個はバッテリーを用意したいところ。

満充電でどれくらいの時間使えるのかもチェックですね。

とにかくパッと使えるタイプもいい

ちょっとしたDIYでも、100均の板を加工するならこんな感じの小型ドライバーでしょうか。

▼別途でトルクアダプターもつけられてこの価格は魅力的。

▼IXO用トルクアダプター

▼乾電池で動くタイプ

電池で動くってやばいすね。毎回充電しなくてもいいし、充電し忘れもない。ものすごく手軽。

組立家具でしか使わないっていうなら、それほどパワーは要らないと思います。パワーよりも手軽さ重視。
コンパクトで収納しやすく、軽くて扱いやすい。使いたい時にすぐ使えるっていうのがいいんじゃないでしょうか。

小型は使い勝手よさそうなので私もほしい。

本棚などのちょっとした家具も作りたい時は

ちょっとしたラックや本棚など、自分で設計して組立を行いたい場合はそこそこパワーが無いと厳しくなってきます。

バッテリー式なら最低でも12Vはほしいところ。でも充電式になるとお値段も高くなるのですよ。パワーはあるに越したこと無いけど、バッテリーは高いのですよ。

しかし線があるタイプなら比較的安価でそれなりにパワーがあるものが購入できてしまいます。
とはいえ使いみちも好みもそれぞれなので、よく吟味してみてください。


ちなみに私が使っているものは、2000円台でホームセンターで購入した線のついてるドリルドライバー。今にしてみればなんともチャチな性能ですけども、これでいてそんなに悪くない使い勝手でありました。

この赤いやつはもう売ってないけど、似ているスペックは以下の緑のやつかなあ。いや、自分のよりもうちょっといいな。
ライトも付いてます。

こんな値段でもちゃんとトルク変更できます。ちょっとしたDIYもこれで一通りこなせるくらいコスパは良いです。

これくらいのスペックが私のはじめてのドリルドライバーだったんですけど、8mmのダボ穴も開けれますし、SPF材のワンバイ材くらいの厚みであれば余裕で対応できます。このブログに公開していないものも含めて、このスペックでいろんなものを作ってみました。DIYの練習にはちょうどよかった。

ちょっと大きめなものというと、一応これで本棚も組立てます。

本棚を組み立てる工程。
本棚を組み立てる順番と使ったネジについて。ネジを目立たなくする埋め木のやり方も書いています。

・・・が、この本棚で55mmのビスを使ってるんですけど、長いビスはなかなか大変でした。できなくもないけど気を使う。
下穴を深く入れて慎重にビスを入れていった感じで。

さすがに長いビスを一気に打ち込むには厳しいです。使うビスによっては2×4材もしんどい。下穴開けたりするくらいなら問題ないんですけども。

よくよく調べてみると回転が遅いようなので、基本的に電動ドライバーとしての使い方があっている機種というのもうなずけます。

▼でも次買うならこれほしい。

本格作業向け

私にはまだここまでのは必要ないなあって思ってるんですけど、外でも作業することがあればやっぱりバッテリー式でしょうか・・。

コンクリートに穴開けるとかでなければ、ここまじゃなくてもいいかなあ・・。

大きささ重さに関してはホームセンターで実物を触ってみながら決められると理想的ですね。

ぴらめこ

他にも使用中の工具を紹介中。(一部ですが)気になる物があればチェックしてみてください。

使ってる工具のリスト