【ガイド】垂直な穴あけを助けるドリルガイドキット

使いどころ利便性お値段使用頻度
穴あけ ★★★ だいたい
1000円
くらい
状況によりけり
ぴらめこ

木ダボ(もくだぼ)で接合を考えるなら、もっていたい道具のひとつかも。

 

垂直な穴あけの補助になる、ドリルガイドキットについて

ドリルガイドキットは、電動ドリルで真っ直ぐに穴を開けるための補助ツールです。

穴あけしたら、木ダボや丸棒などを入れて接合する・・・といった使い方をする感じです。

手動でまっすぐに穴あけするって意外と難しいんですよ。穴あけがズレていると、材料をはめ込んでみたらはまらないとか、ハマったけど曲がってるとか、悲しいことがおこったりします。なので失敗を減らすためにもガイドを使って、正確な穴あけに近づけましょうっていうことです。

自作しようと思えば作れるドリルガイドですが、その自作も正確に穴あけできる機械がないと難しいものがるので、そんな時はこういった既製品を使って自分なりにアレンジして使うのもよいかと。

パッケージの中身

中身はいくつかの部品があります。何か入れ物を用意してひとまとめにして管理しておきましょう。

ドリルガイドキットの中身

直接ドリルの刃が触れるドリルガイド(スペーサーみたいなもの)と穴あけポンチがまず目に付きます。
私が持っているキットのドリルガイドは4mm~12mmの穴あけができるものですけど、これ全部必要とは限らないので、必要な穴あけのサイズに適応したものを選ぶとよいと思います。。

ドリルガイドキットのガイドベース詳細写真

加えて、ガイドベース。これ、透明っていうところがポイントですね。

ドリルガイドキットのガイドベース詳細写真

メモリと真ん中にくぼみがついていて、端っこに小さな穴が開いています。この小さな穴もなにげに重要です。

どんな場面で使うのか

キットに入っているドリルガイドのサイズ(直径4mm、5mm、6mm、8mm、10mm、12mm)で、なるべく真っ直ぐに穴あけがしたくなったらドリルガイドキットの出番です。

私の場合は、主に木ダボを使う作業の時にガイドを使う場面が現れます。

じゃあ「木ダボ使えば何がいいのか」といいますと・・・

木ダボを使って接合ができるようになると、ビスを打ち込んだ後が表面に出てこないので仕上がりがキレイになります。また、ビスを使わないということは、使うビスの長さを気にしなくてもよくなりますし、ある意味材料費の節約になるのかも。

他にも私は幅の狭い板をつなぎ合わせて大きな1枚板にする時には、よくドリルガイドを使っていますけども、その場合はガイドがないとキツいものがあります。

とにかくドリルを真っ直ぐに垂直に入れられないと、材をつなぐ時に歪むんですよ。
わざわざ木ダボを使わなくても板継ぎはできますけど、長い目でみればズレにくいとか板が丈夫だとか、隙間ができにくいとか、そんな理由からやってます。

穴あけドリルガイドキットの使い方

ドリルガイドキットだけあっても、穴あけが完結するわけではありません。開けたい穴に合わせたビットは別途で自分で用意しましょう。

例えば8mmの木ダボを使うなら、8mmのショートビットを選ぶ・・・、といった具合で。

穴あけドリルガイドキットの使い方手順1

穴あけしたい場所へポンチで穴を開け、印をつけます。

4mmのドリルガイドにポンチを下から入れるとドリルガイドがぶら下がる形になるので、

穴あけドリルガイドキットの使い方手順2

その状態でガイドベースにセット。

穴あけドリルガイドキットの使い方手順3
ポンチの先を材の方へつけた小さな穴に合わせて、ガイドベースを固定します。

穴あけドリルガイドキットの使い方手順4

ガイドベースを動かないようにして位置がきまったら、ポンチの柄を持ち上げ4mmのガイドごと取り出し、ガイドベースは固定したまま、穴あけしたい大きさのドリルガイドをガイドベースにセット。

穴あけドリルガイドキットの使い方手順5

あとは、電動ドリルをガイドの穴に差し込んで穴を開けます。

これがドリルガイドを使うときの一連の流れです。

穴あけドリルガイドキットの小さい穴の使い方

またガイドベースについている穴は釘やピンを差し込んで固定に使えます。
詳しい使い方は商品のパッケージにも記載されているので、それを見ながらやってみるとなるほどーってなると思います。

最初は面倒臭そうだなーって感じるかもしれませんが、やってみればすぐに慣れますよ。

とにかく一度ガイドベースの位置を決めたらずれないように注意して、ドリルを入れるのがポイントなんですよ。

あと、穴あけする材料の配置そのものが曲がっていると、いくらガイドがあっても思い通りの役目を果たせません。材の方も動かないように固定するってことも忘れずに。

何度も固定するのが面倒な時は、自分でどの作業が一番面倒なのか考えてみて、作業を簡略するように自分で治具を作ってみるのもよいですよ。

ぴらめこ

他にも使用中の工具を紹介中。(一部ですが)気になる物があればチェックしてみてください。

使ってる工具のリスト