F型クランプについて

使いどころ 利便性 お値段 使用頻度
固定 ★★★ だいたい
200~3000円
くらい
毎回使う
ぴらめこ

カットの際はもちろん、接着や穴あけ、組立時の支えになってくれる便利な道具です。

 

スポンサーリンク

F型クランプとは。

FクランプまたはLクランプともいわれます。


片側のアゴをスライドして距離を決め、締め付けはハンドルを回してネジ部分を回転させてガッチリ固定したり、締め付けることができます。
C型クランプはネジ部分をひたすらクルクルさせて距離を決める必要がありますが、F型は可動域がスライドで決められるので手早く締め付けが行なえます。


ハンドルで締め付け具合を調整できますけども、締め付ける力は強いです。
そのまま使うとクランプの型が残ってしまうことがあるので、必ず当て木をしてクランプを使うことを心がけましょう。

選び方


必要な大きさは状況によって変わってくるんですけども、開口と懐がどれくらいあるかをチェックします。

開口はスライドできる距離。
挟むものの大きさで決めることになるかな。

懐はアゴの深さ。
なるべく深い位置で固定させたい時は、懐も重要になってきます。

大きいほうが汎用性が高いですけども、長いと収納場所をとられます。専用の作業スペースがない場合は、ちょっと困るかな・・

かといって小さくすぎても使える場面は限られてきます。


スライドするハンドル部分は、抜け落ちないようにちゃんとストッパーがついてます。


締め付け調整部分はハンドルタイプと、T字のタイプのものがあります。他にもあるのかな?この2種類しか見たことないんですけども。

ハンドルタイプのほうが締めやすいですが、ちょっと加減がわかりにくいかも。ついついグイグイ締め込んでしまいます。
微調整しやすいのはT字かなあ・・・という実感です。

扱いやすいのはハンドルかなー。好みかもしれないですけども


当たり前ですがスライド部分の動きやハンドルで締め付けた時に歪んだりしないものがいいと思います。

安いものだと当たり外れがあって、なんか曲がってるなあ・・・っていうのがあったりするんですけど、高ければいいものなのか、そこはまだ私には未知の世界・・。

ただ、1本あればいいっていうものでもなく、いくらあっても助かるものです。初めて買う時は最低でも2本~という感じで購入した方が使い勝手いいはず。

特に一人で作業していると「ここで支えが欲しい・・、固定したい!」という瞬間が必ずきます。
作りたいものや、行う作業に合わせたサイズで必要サイズをそろえてください。

使い方

人によって使いどころはいろいろ。
私がよく使う状況は、以下のような時です。

カットする時

正確なカットの第一歩は、材料を確実に固定することです。それを覚えたのは最近のことなんですけども。
足で抑えてカットするよりも、クランプを使って抑えながらカットしたほうが間違いなく安心してカットできます。

できれば机や作業台を使って固定できるのが理想的。

穴あけをする時


例えば、ダボ継ぎをする時の穴あけの支えに。
写真は1×4材の側面に穴あけしてるところなんですけども、1×4材を支え無しでしっかり立たせておくのは大変なので、厚みのある2×4材で挟んで固定し、安定させた状態で穴あけしています。

箱を組み立てる時

箱の組み立てる際の支えとしてもよく使います。ボンドで圧着する時もそうですが、ちゃんとクランプで固定しながら作業するとボンドが完全に乾いてなくても、ビスを打ち込んでいけます。


特にMDFで組み立てをする時はボンドで接着がメインになるので、クランプが使えるとかなり助かります。

とりあえず私が写真で使っているものは開口200mm、アゴの深さ約80mmのものです。

板継ぎする時

私は幅の狭い板をつなぎ合わせて大きな板にする「板継ぎ」がやりたくて、開口が広めのクランプを用意しました。
大きめのF型クランプもあるとやっぱり便利です。


木ダボを使わずボンドだけで圧着するにしても、クランプがないと隙間ができちゃいます。隙間ができると強度も落ちちゃうし見た目もいまいちになるのでクランプは必ず使うようにしてます。

写真はサイドからしか固定してませんけど、面も押さえる工夫があったほうがまっすぐな板になりますね。

▼写真で使ってるのはこれ。

クランプの役割

こんな具合に作業の支えとして活かせるのがF型クランプです。自分のもう一本の手として静かに押さえていてくれるのです。

よいしょよいしょで固定しながら進めていくのはちょっと手間もかかるんですけど、怪我の心配も失敗する確率もグッと減ります。

個人的には木工作業するなら、クランプは購入の優先度高めなんじゃないかなーと思う工具の一つです。

他にも【クランプ】を見てみる