【のこぎり】ライフソークラフト145

使いどころ 利便性 お値段 使用頻度
切断(切る) ★★ だいたい
1000円
くらい
状況によりけり
ぴらめこ

道具は必ずそろえなくてはいけないということはありません。自分の技量や作りたいものに合わせて選ぶとよいですよ。

 

スポンサーリンク

ライフソークラフト145について

ライフソークラフト145は、「アサリのない」のこぎりです。
アサリがないノコギリは、平面に刃を押し付けてカットするときに、周りに傷をつけません。

本格的な切断で使うというよりも、ちょっとした場所で使える便利なノコギリです。

刃の目は細かいので、大物をカットするのはできなくもないけどしんどいです。刃はよくしなります。ちょっと慣れるまで戸惑うかもしれませんが、力加減を覚えるとその良さに感動すると思います。

替刃式なので、切れ味が悪くなったら刃は交換できます。刃の部分にプラ製だけど収納カバーがついているのは有り難いです。

サイズ

■刃渡り:150mm ■ピッチ:1.20mm
■板厚:0.40mm ■切り幅:0.40mm

メーカーサイト
のこぎり ライフソークラフト145


刃が柔らかいので、材料にピッタリと刃を添わせて、しならせながらカットできます。

たとえばダボや埋木をカットする際に。


ビスを隠すように埋木をし、はみ出た部分をカットする作業がスムーズに行えます。


こんな感じで、切断したい物の周りを傷つけずにカットできます。

はみ出た木材をカットする時に。

長めの角材をつけてから、余った部分をカットする際も便利です。

100均で売ってるスノコを分割する際も便利です。

アサリがないので、下駄部分だけを狙ってキレイにカットできます。

 

のこぎりのアサリとは。

刃の先端が外側に交互に開いている状態ののこぎりを「アサリ付き」。外側に刃が開いていない状態が「アサリなし」です。

アサリがあるとノコギリの厚み以上の太さで切断することができるので、材料とノコギリとの接触による抵抗が少なくなり、カットがスムーズに行えるようになります。

参考
鋸(ノコギリ)業界の常識を覆した「理論と現実が一体化した21世紀の長勝鋸研ぎ」~アサリの考え方~ – 日々、暮らしの中で考える。・・・・・・木もちeー暮らし

アサリがあると刃が当たる部分は広くなるので、木くずはたくさんでます。
アサリがついていないと、材料との接触面が広いので抵抗も大きくなります。刃が当たる部分は狭くなるので木くずは少なくなります。

どちらもカットはできますが、材料との抵抗が少ない「アサリあり」のほうが摩擦が少なくカットしやすくはなります。ですが、「アサリなし」は刃の厚み以上は削り取らないので、材料に沿わせて刃を動かしても周りを傷つけにくいというメリットがあります。また刃の目が細かければ、ヤスリをかけたように切り口がきれいに。でも目が細かいと切り進めるスピードは落ちます。

手のこぎりでのカットは、なかなか労力を使う作業なので、厚みのある材料や硬さ、カットする場所によって刃を使い分けるのがキレイな仕上がりにするポイントかと思います。

使用例

▼本棚の組み立ての際に埋木をしました。

本棚を組み立てる工程。
だいぶ準備が整ったので、いよいよ幅60×高さ100×奥行270㎝(おおよその数字です)の本棚を組み立てていきたいと思います。 埋め木(うめき)をしてネジを隠す。 組立といっても側板に棚板を突き付けて、裏板を張り付ければいいだけ。 棚板...

▼ラックを作った際も一部、埋木しました。

机を広く使うためにPC収納も兼ね備えたラックを作りました。
基本的な木製ラックの作り方。木材の準備から塗装までの過程を詳しく書いています。

▼使い方の動画

他にも【のこぎり】を見てみる