【のこぎり】ライフソー175

使いどころ 利便性 お値段 使用頻度
切断(切る) ★★★ だいたい
1000~1500円
くらい
状況によりけり
ぴらめこ

100均木材やベニヤ板、ワンバイ材くらいの厚みにちょうどいいノコギリです。

 

スポンサーリンク

はじめてのノコギリにおすすめ。


ライフソー175は、ソーガイドミニについていくるノコギリと同じものです。
私は先にソーガイドミニを買ったので付属品をそのまま使っていますが、単体で購入する時は「ライフソー175s」を選ぶことになります。
どちらも替刃式で、同じ刃をセットできます。

ソーガイドミニについてきたライフソー175は、ケースがなくてちょっと困るんですけども、刃先だけしまえるものはついています。のこぎり単体で買うと、ケースはついてくるはず。

サイズ


わたくし、女性で手はやや大きめな方ですけどもとても握りやすいです。

■刃渡り:180mm ■ピッチ:1.40mm
■板厚:0.50mm ■切り幅:0.66mm

メーカーサイト

のこぎり ライフソー木工175S


グリップはカーブがついていてフィットするので、力が入りやすくなっています。

「女性やお子様にもおすすめ」っていう初心者DIYer向けな道具ってよく切れないとかありがちなんですけども、ライフソー175はガチで万能に使えます。替刃式なので、切れにくくなったら刃を交換すればいいだけっていうのも気楽。とても軽量なので片手でラクラク扱えます。

刃渡り18cmとコンパクトなノコギリですが、時々DIYする程度なら何の問題もなく使えます。ちゃんと切れます。大変よく切れます。


しかもピッチも1.4mmと目が細かめで切り口もキレイ。
木目に直角にカットするヨコ引きはもちろんですが、木目に平行にカットするタテひきもちゃんといけますよ。斜めでも大丈夫。

私はSPF材(ワンバイ材)、ちょっと硬めのパイン材、柔らかいファルカタ材、杉材、MDF材などで使用していますが、とても扱いやすいです。

ですが、ツーバイ材くらいの厚みがある木材になると結構疲れます。どう仕上げたいかにもよりますけど、重量ある木材を切っていくならもう少し刃が大きいのこぎりを使う方がやりやすいです。

使用例

大型の木材はホームセンターでカットをお願いしますけども、たいてい自分で木材を買ってきてカットして作ってます。
ライフソー175を使ってるのはいろいろあるけど一部紹介。

ほぼ100均の木材でも作れる軽くてちょっぴりオシャレな木箱。
100円ショップで売っている「すのこ」を利用して通気性のよさげな木箱を作りました。 今のところ化粧品とかを入れて使っていますけども底が抜け落ちたりはしていないので、おそらく2㎏くらいの耐荷重があると思われる箱です。
杉の荒材で作る丈夫な木箱の作り方。
薄い板でも底が抜けにくく、強度のある木箱の作り方を詳しく書いています。
箱をつくる
木箱、引き出し、小物整理に役立つ小箱の作り方など詳しく説明しています。組立の順番や図面もあるので参考にどうぞ。

他にも【のこぎり】を見てみる