本棚を組み立てる工程。

棚をつくる

だいぶ準備が整ったので、いよいよ幅60×高さ100×奥行270㎝(おおよその数字です)の本棚を組み立てていきたいと思います。

スポンサーリンク

埋め木(うめき)をしてネジを隠す。

組立といっても側板に棚板を突き付けて、裏板を張り付ければいいだけ。
棚板の高さは突き付ける位置を印付けしていれば、そこへ合わせてビスでとめていくだけなので、やり始めるとあっという間に形になっていきます。

この時、棚板はそのまま突き付けて固定してもいいんですけども、そうすると側板にビスの頭が見える形になってしまいます。せっかくなので、木ダボで「埋め木」をしてビスの部分を隠す方法をやってみたいと思います。

bookshelf_53
イメージだと、こんな感じ。木ダボで栓をしちゃうんですね。
ダボの太さに合わせた穴を数ミリあけて、あとはビスを入れる下穴をあけてビスを打ち込んでいきます。

bookshelf_51
皿取錐(さらとりきり)があると一発でダボ穴と下穴があけられるんですけども、純粋に8mmのビットにビニールテープなどを巻いて深く穴をあけすぎないように印をつけて穴をあけ、2mmの下穴錐(したあなきり)で下穴をあけても大丈夫です。ただし、ドリルドライバーがひとつしかないとビットを付け替えなくちゃならないので、ちょっと面倒なんですけども。

ビスの頭が隠れればいいだけなのでダボの穴は多少曲がっても気にならないですが、実際にビスを入れるところが曲がるとやっかいなのでちゃんと中心を測って印をつけた方が間違いないでしょう。

ダボ穴をあける時、ドリルを抜く際に早い回転のままぬくとどうしてもバリが出やすいですが、ドリルの抜け際に速度を落として抜いていくようにすると比較的にキレイに穴あけできる気がします。でもそもそもよく切れないビットを使っていると、どうやってもバリ出ちゃったりするんですけどね。バリが出ると仕上がりが少々残念になるので、できるだけ丁寧に心掛けたいところです。

bookshelf_54
穴をあけたら、ビスを打ち込みます。写真はバリが出ていてよくない例ですが・・

bookshelf_55
そこへ、木工用ボンドを少しいれて、木ダボを差し込み木槌などでちょっとたたいてやります。

bookshelf_56
あとは、アサリの無いよくしなる柔らかいノコギリを使って面に沿って、はみ出た木ダボを切り落とします。

bookshelf_57
するとこんな感じで穴埋めができます。あとははみ出たボンドは濡れぶきん(ウエスなど)でしっかりふき取って、仕上げにやすりをかければOKです。

ちなみに、埋める木は木ダボでなくとも、太さが合う丸棒でもいいですし、ダボ錐を使って自分で端材から切り出して作ってもいいです。
やはり同じ木材でダボを作って木目をそろえて穴埋めするとかなり目立たなくなりますしね。ひと手間かかりますけど、端材が出た時にまとめて作っておけばわざわざ木ダボを買わなくても済むのでお得でもあります。

木工パテを使う方法も。

また、穴埋めは「木工パテ」を使う方法もあります。ただし、この後の塗装で木目が隠れるベタ塗りをするなら気になりませんが、木目を活かしてステインなどで塗装する際は、色が乗らず逆に目立ってしまうことになります。

塗装をどのようにするのか決めてから、穴埋めの方法を選ぶようにしましょう。

組み立てる順番。

bookshelf_58
順番は先に一番上の棚板と一番下の棚板をくっつけてから、間の棚板をつけていきます。
片側を先に全部ビス止めしてから、ひっくり返して反対側もつけていきます。ビスは1本ずつ最後まで締め上げずに、全てのビスをまだ少し緩い状態で残しておき、棚板を全部取り付けたら最後に締め上げていくようにします。

bookshelf_59
棚板が全部ついたら、あとは裏板をつければいいだけですが、その前に・・・

bookshelf_60
裏板を付けてからだと大変になるので、先に補強のL字金具を取り付けてしまいます。

bookshelf_61
金具の穴の分だけネジで留めた方が強力なのですが、かなり狭いところなので金具一つにつき2か所で留めておいても今回の本棚のサイズであれば大丈夫です。

小さい穴で大変なんですが、下穴は少し開けた方がビスの入り方がよくなります。

金具の穴を全部埋めるには、そもそも普通のドリルドライバーでは狭くて入っていかないので、ハンドドリルやオフセットドライバーを使うと絞めやすくなります。電動ドリルドライバーにつけるL型ドリルアダプターを使うのも良いと思われますが、かなり狭い場所になるので手締めした方がいいかなと今のところ思っています・・・

・・・この辺の処理は、どうするのが得策なのかまだ未解決であります。他のみなさんはどうしてるんでしょうか・・

 

最後に裏板を取り付ける。

bookshelf_62
L字金具を取り付けたら最後に裏板を設置し、釘で棚板がある部分へ打ち付けて固定し、三角棒をボンドでくっつけて完了です。上から見た時にズレていないように確認しながら固定しましょう。

bookshelf_63
これで全体の形の出来上がりです。塗装をしないならこの状態で十分使うことができます。
仕上げにやすりがけをし、墨付けで書いた鉛筆線は消しゴムできれいに消しておきましょう。

 

ちゃんと測って墨付けするまでが微妙に時間を取られますけども、組立自体は結構あっという間です。ドリルドライバーでビスを打ち込んでいくと、みるみるうちに形が出来上がっていくので一番楽しい作業ですよね。

使用したビスと釘について。

bookshelf_64
棚板を付ける時に使用したビスは「スリムビス」という下穴をあけなくても使えるネジです。

この板の厚さに長さ55mmは長すぎるかもしれませんが・・・
ネットで買うと高い場合もあるので、ホームセンターもチェックしてみてください。

ドリルドライバーにつけるビットはスリムビス用のスリムビットを用意しました。やや長めのビスを打ち込むので、ちゃんと溝がかみ合うものを用意した方が無理なくビスを打ち込めるので。

bookshelf_65
L字金具を取り付ける時に使用したのは、皿タッピングネジです。普段は陰に隠れて目立たないところに使うネジなので素材は好みで選んでいいと思いますけども、金具の穴にハマる太さで棚板から突き出ない長さでネジを選びましょう。今回は間に合わせで全ねじを使いましたけども、できれば溝が全部に入っていない半ねじを使った方がきれいに締め付けられるのではないかと思います。

38mmパネルピン
裏板を留める際に使用した釘は「パネルピン」という通常の釘より少々目立ちにくい釘を使ってみました。もっと目立たせたくない場合は「隠し釘」などを使ってもいいと思います。隠し釘はちょっと高いので、私は普通の釘を使っていますけども・・。

裏側なので、突き出ない大きさの釘ならなんでもいいんですけどね。

 

コメント