幅60㎝本棚を作った時の作業の流れ、まとめました。

棚をつくる

幅60×高さ100×奥行27㎝の本棚づくりの一連の作業をまとめました。
木取図や設計図などもフリーで公開していますので、よければ参考までに持って行ってください。

スポンサーリンク

作った本棚とかかった費用


この空間に、


こんな感じで本棚を作りました。


現在は本が入っています。

この本棚を作るのに以下の材料を使っています。

本棚のサイズ・・・幅600×高さ1000×奥行270mm

使用木材・・・1×4材(6フィート・6本)/パイン集成材(600×250×18mm・4枚)/シナベニヤ(910×600×40mm・1枚)/三角棒(10×900mm・2本)

その他使用金具・・・ユニクロ特厚L字金具35mm(12個)

使ったビス・木ダボ・・・スリムビス(3.8×55mm)/パネルピン(釘38mm)/木ダボ8Φ

●かかった材料代(組立まで。ビスや木ダボ、ボンドなどは除く)・・・6000円弱

●塗装(ハケ、やすり、ウエスなどは除く塗料代)・・・3000円程度

かかった金額は道具や備品はのぞいて、材料は仕入れる店舗によって多少の幅はありますが、塗装まで含めてトータル8000円~9000円くらいかかります。
今回は裏板に使っているベニヤ板がちょっと厚みのあるものにしたので、もっと薄いものを選んだりすればもっと安くできるかもしれません。

塗装すると結構かかるんですよねえ・・。
その代わりゴミも傷もつきにくく、水もはじいてくれるので、使いやすさを考えれば塗装しておいてよかったなあって思える日がきっときますよ。たぶん。

とりあえず本棚を作る際に、使った材料、使った道具やちょっとしたコツなど、細かくまとめてみました。

【本棚づくりその1】どんな風に作るのか迷ったら。

本棚が欲しくなったら、どんなものを作りたいかを考えると思います。
そんなときに頭の隅に入れておきたいことを書いてみました。サイズを決めるその前に、どぞ。

オリジナルサイズの本棚が欲しくなった時に最初に考えること。
本棚が欲しくなるとき。 本はついつい増えていってしまうんですけども、読んだらすぐ処分・・というわけにもいかない本だってあるわけです。むしろ処分しそうな本は電子書籍で間に合わせるようにするんですけど、紙の本のよさって確かにありますからね。 ...

【本棚づくりその2】材料の決め方。

結局どんな材料で作るのが一番いいのか?

値段で決めるその前に、少しだけ知識をつけてからホームセンターをのぞいてみてほしいです。
手に入りやすい木材と必要な板の厚さなどについて書いています。

重さに耐えられる本棚に使うおすすめの木材。
本棚づくりで作るサイズを決めたら、使う材料について考えると思います。 お店にはいろんな種類の木材が売っていますけども、どれでもいいというわけにはいきません。 インテリアとしての飾り棚であればそれほど強度については気にしなくてもいいか...

【本棚づくりその3】どんなふうに組み立てるのか。

本棚はシンプルな形をしていますけど、いい加減に作ってしまうと使い物にならないものが出来上がります。
重い本をのせるなら簡単に壊れたりしない丈夫なものを。
DIY初心者でもでもできる棚板固定の方法をぜひ参考にしてみてください。

棚板の固定方法はどうすれば丈夫なものが出来るのか。
棚板の固定方法を考える。 そこそこ材料が決まってきたら、どんな方法で棚板を固定するのがいいのか考えます。 重い本を入れるからには、丈夫なものがいいですし、せっかく作るからには見た目も美しくしたいもの。しかしいきなりプロ級のものは...

【本棚づくりその4】とにかく設計図を書いてみよう。

作りたいイメージだけ膨らませて何も書き出さずに、いきなり材料を買ってきて作り始めるのは失敗のもとです・・・
専門的なことはしなくてもいいので、簡単でもいいから描いてイメージを形にしてみましょう。ちゃんと書き出して考えることで見えてくるものがあります。
そうすれば失敗の被害を最小に食い止めることができるはず。

幅60㎝本棚の設計図を書いてみるまでの流れ。
作りたい本棚のイメージが固まったら、実際に使う材料と照らし合わせながら設計図を書いてみましょう。どんな感じで考えればいいのか、そういう話でもしてみます。

設計図は自由にダウンロードし、加工してもらってもかまいません。

【本棚づくりその5】木材の節約に。基本的な板継ぎのやり方。

正確なものをつくるならワンバイ材を板継ぎしたものを使う・・・という選択肢はおすすめできないのですが、あえて歪みのある感じが手作り感という「味」にもつながる・・といった前向きなとらえ方もできます。

なんといってもワンバイ材、安いですからね。板継ぎはなるべく価格を抑えて作りたい時の便利な方法なのです。

というわけで、私の作った本棚は側板にワンバイ材を使っています。

ワンバイ材をつなげて大きな板に。木ダボを使った板継ぎのやり方。
今回は用意した使用木材から、6フィートのワンバイ材(1×4材)でダボ継ぎをし、側板になる幅のある1枚板を作っていきます。 使うもの→1×4材  6フィート(1820mm) 前ページの本棚を作る続きとして考えると、6フィートを6本も用意し...

【本棚づくりその6】組立。

材料さえそろえば、組み立てはあっという間です。

ただし、棚板を突き付ける際に曲がってしまうことも十分にあります。そうならないためにも、慣れないうちはちゃんと墨付けをしておくことが重要です。

墨付けは面倒がらずに丁寧にやりましょう。
前記事でも墨付けについては書きましたが、今回は側板と裏板部分にも印をつけて組立の一歩手前までの話です。 側板と裏板に目印をいれていく。 手作りの側板が出来上がったら、墨付け図を見ながら木材に墨付けしていきます。1...

接合場所がしっかり把握出来たら組立て作業へ。

本棚を組み立てる工程。
だいぶ準備が整ったので、いよいよ幅60×高さ100×奥行270㎝(おおよその数字です)の本棚を組み立てていきたいと思います。 埋め木(うめき)をしてネジを隠す。 組立といっても側板に棚板を突き付けて、裏板を張り付ければいいだけ。 棚板...

【本棚づくりその7】塗装。

いろんな種類の塗料がお店には売っていますが、イチ押しは水性塗料です。

塗料を選ぶ時に知っておきたい軽めの知識。
木工へ塗装を施す前に憶えておきたい基礎知識。

色付けはお好みでよいかと思います。今回は木目を活かした水性ステインを使っています。

白い水性ステインを使ってみました。
本棚の形が完成したので、せっかくなので色をつけてニスを塗る作業までやってみたいと思います。 なお、塗装についての細かい話は以下の記事でどうぞ。 今回は水性ステインを塗る作業の話です。 水性ステインを塗る時に使った道具。...

家具として使うなら絶対表面を保護するニスを塗った方がよいです。おすすめは塗膜の硬い水性ウレタンニス。

艶消しタイプの水性ウレタンニスを塗ってみました。
本棚の形が完成、色も塗った、次は仕上げのニスを塗っていきたいと思います。 なお、塗料についての話は以下を。 着色に使ったのは白の水性ステインです。 今回は最終工程の水性ウレタンニスを塗る作業の話です...

DIYの内容は今後の為に残しておきます。

以上の7工程で本棚は出来上がりました。

作り慣れている人は当たり前にやっちゃうことが多いんですけども、私も仕事でDIYやっているわけではないので、趣味でたまに作って程度だと次作るまでに間が空くと忘れちゃうんですよねえ。
なので、自分のメモ代わりも兼ねて細かく残しておくことにしました。作ったものを記録しておくと、次の作品づくりの参考になりますから。

そんなわけで、今度も作ったものをちょいちょいまとめていければと。

私のメモがこれから本棚を作ってみたいと思っている方へ、何かの参考になればと思います。

コメント